太陽光発電の安全性

日本に住んでいる以上は常に地震の脅威と隣り合わせで生活しなければなりません。
そして、東日本大震災によって引き起こされた原発事故により
エネルギー問題に対する国民の意識は変わりました。
現代においてエネルギーを消費することは避けられません。
一定以上のエネルギーを安定して供給することは世界的に見ても最重要課題になっています。
そんな中注目されているのが自然の中にある再生可能なエネルギーを利用した発電方法です。
主に水力、風力、地熱などを利用しますが、その中でも近年名前が多く挙がるようになったのが太陽光発電です。
太陽光はほぼ永久的に存在するエネルギーであり、それを利用することは人類にとって未来に進む一歩でもあります。
また、太陽光発電は多くの方がクリーンで安全だと認識しています。
しかし、震災を経験し、その必要性が増したからこそ太陽光発電に対する安全性も注目されるようになりました。
まず、太陽光を使って発電するには太陽光パネルを家の屋根などに設置しなければなりません。
そうなると気になるのが、太陽光パネルが破損したり、屋根から落下したりしないのかということです。
一般的にパネルは強化ガラスでできており、人が乗っても割れたりすることはありません。
また、ヒョウやあられなどが降っても割れない設計と実験がされています。
したがって、通常の屋根材とほとんど変わりは無いと思って良いでしょう。
そして、最も気になるのが、地震に対する不安です。
一般的に震度6ぐらいの地震ならば太陽光システムにだけ被害が発生することはありません。
パネルだけが落下したり、重さによって家の倒壊を招いたりすることもありません。
しかし、家自体が倒壊してしまうと太陽光システムへの影響も防ぐことはできません。
最後に、安全性を理解したうえでエネルギー問題の未来を考えていきましょう。


Categories: 太陽発電ほか Tags: